若草HUTTE(ヒュッテ)とco-ba Miyazakiに行ってきた!使用料金と電源やWi-Fiもリサーチ!

シェアする

本日の人気記事

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

12019 / Pixabay

こんにちは!仕事柄、パソコンに向かう時間の長い管理人です。

自宅だと誘惑が多いので(テレビやら漫画やら)、なかなかパソコン仕事が捗らない、、、

そういう時は、外に出てどこかのカフェに入って、集中せざるを得ない状況を無理やり作り出します。

「書を捨てよ町に出よう」ではなく、「PCを担いでお店に行こう」です。(笑)

管理人が外にパソコンを持ち出してカチャカチャやれる場所の条件は以下の通りです。

  • Wi-Fi環境がある
  • 電源があってバッテリーの充電ができる
  • 机が高い(キーボードが打ちやすい)
  • 美味しい軽食が取れる(これが1番大事かな。。。笑)

東京などの都会ならまだしも、宮崎だとそんなにたくさんあるわけではないので、結局マクドナルド、、、みたいな日も少なくありません。

もちろんマクドナルドでもいいんですが、ちょっと味気ないなーという気もします。

また、マックや普通のカフェは本来は集中して仕事をするような場所ではないので、当然ですが電源や安定したWi-Fi環境がなかったりもします。

ましてや、人目につくところだと「あいつドヤリングしているんじゃないか(オシャレカフェでMacを開いて悦に入っているんじゃないか)」と思われるんじゃないかという管理人の過剰な自意識も働いてしまいます。

そこで、管理人が気になっているのがコワーキング(Coworking)スペースです。

コワーキングとは、事務所や会議室、ミーティングルームなどを複数の人たちで共有しながら、それぞれが独立した仕事を行うスタイルのことを言います。

コワーキングスペースは、まぁ平たくいうとシェアオフィスみたいな感じでしょうか。(カタカナが多いですね)

最近は宮崎県内にもMUKASA-HUBや油津赤レンガ館などコワーキングスペースが増えてきました。

普通のカフェとは違い、あくまでも仕事をする場ですので、しっかりと環境が整っているようです。

しかし、、、どちらも宮崎市内の中心部ではなかったのです。

宮崎市内で軽くパソコン仕事をしたいのに場所がない、、、

先日「がっちりマンデー」という番組でカラオケのビッグエコーが昼間はレンタルオフィスとして営業していると知りましたので、そこを使うしかないのか。。。

そんなモヤっとした気持ちだった管理人に朗報が!

宮崎市若草通りに初のコワーキングスペースができる、しかも1階にはカフェ(兼バー)まであるとのこと!

その名は若草HUTTE & co-ba Miyazaki

早速パソコン(正確にはMacを)をリュックに詰めて、行ってまいりました!

スポンサードリンク




1階は若草HUTTE(デリカフェ&バー)

外観です。もともとのビルの雰囲気を残したまま、素敵な外観になっております。

いい感じの店内。窓際は光が眩しいですね。

軽食も充実!野菜たっぷりのサンドイッチは魅力的ですね。

夜はバーとしても営業するので、カウンターにはお酒も並んでます。夜も雰囲気良さそうです。

奥の席が小上がりになっており、キッズスペースもありました。配慮が優しいですね。

2階と3階がco-ba Miyazaki(コワーキングスペース)

1階で食べ物、飲み物を注文し、2階に上がりました。

1階で何かを頼めば、2階のワークスペースも2時間なら無料で使用することができます。

奥の方には卓球台も。さながらシリコンバレーのベンチャー企業のようです。

あえていわせていただくならば、電源がテーブルから遠いので、タコ足を持参した方が良いかもです。(笑)

当然ながら、Wi-Fi完備!速度も安定感もバッチリでした。他にも共有のプリンターや図書スペースもあります。

窓際の席はミーティング用といった感じでしょうか。そして、ランプが可愛いです。

授乳室もありました。これまた気が利いてますね。

図書スペースには興味深い本がたくさん。我らが宮崎県民の新たなバイブル、東村アキコ先生の「かくかくしかじか」も全巻揃っております。

スポンサードリンク




3階は会員専用スペース

会員専用スペースの3階も見学させていただきました!

入ってすぐ右手にロッカーが。長時間いますし、いろんな人と共有して使うわけですから、これはありがたいですね。

2階よりもさらに集中して、かつ長時間居座りやすいスペースになっています。

長期戦に備えて、簡単な炊事場もありました。大事ですね。

あえて苦言?を言わせていただくと、トイレが和式なんですよね。。。

とはいえ、ビル自体が古いので仕方がないですし、1階と3階にトイレを設けて、2階に授乳スペース、という配置も最大限に配慮されているとは感じております。

場所やアクセス、営業時間や電話番号は?

若草HUTTEとco-ba Miyazakiの場所や営業時間などの情報をまとめておきます。

【若草HUTTE】

住所:宮崎市東橘通3丁目5 鈴木ビル1F

営業時間:10:00~23:00

Facebookページ:https://www.facebook.com/wakakusahutte/

【co-ba Miyazaki】

住所:宮崎市東橘通3丁目5 鈴木ビル2,3F

営業時間:10:00~22:00(最終受付 21:00)

ホームページ:http://tsukuruba.com/co-ba/miyazaki/

3階の会員専用スペースは24時間使用可能!

気になるのは3階の会員専用スペースですよね。なんと、会員なら24時間使用可能ということで、もう住みたいくらいです。(笑)

Facebookの投稿から引用させていただきます。

「24時間OK!3階会員様専用スペース」
若草HUTTEの3階はコワーキングスペースでも、会員専用のスペースとなっております。
なんと24時間自由に使えて(アケルンというスマートキーを使用しております)、飲食物持ち込みも自由。しかも1階で提供するコーヒーが飲み放題(ご自分で入れて頂きます)という、最高に居心地良い空間なんです♪
電子レンジや冷蔵庫、電気ポットも完備しております。
本棚には新冊のビジネス雑誌から、BRUTUSのバックナンバーまで(完全にオーナーの趣味ですがw)。
月額15000円でご利用頂けます。
住所登記もOK(別途月額5000円かかります)。
高いお金を出してオフィスを構えるより格段に安く、なにより中心市街地という最高の立地に拠点を構える事ができます。
昨日も「初めまして」という挨拶がチラホラ行われていました。いろんな業種の方が集う事で、新しい出会いや新しいビジネスを生み出すことができるのがコワーキングスペースに入居するメリットの一つです。
皆様のご入居スタッフ一同お待ちしております。
*3階が一日限定で使える「1日1000円プラン」も大人気です♪

うーむ、スモールビジネスならわざわざ物件を借りなくても、まずはここで十分なんじゃないかな、と思いました。

ホームページに料金表がございましたので抜粋いたします。

料金表の下のほうの「全国のco-baを利用可能」という項目で疑問が生じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、co-baについても解説いたします。

co-baとは?

実は、co-ba Miyazakiの会員になると、日本全国にあるco-baと名付けられたコワーキングスペースが使用可能です。

このco-baという場の宮崎版が、今回オープンしたco-ba Miyazakiなんですね。

全国展開しているスポーツクラブの会員になれば、どの県のスポーツクラブも利用できる、みたいなイメージです。

co-baのホームページから引用させていただきます。

あらゆる人のチャレンジのそばに。
多様な人が集まるワーキングコミュニティ。
2011年12月、渋谷に誕生したco-ba shibuya。
若手起業家やクリエイター、スタートアップのチームが集い、
お互いが切磋琢磨し、時には意気投合して協業しながら、
新しいビジネスを生み出す場所として育って来ました。

2014年からは、co-baに共感する全国各地のオーナーが、
独自の解釈でco-baを開き、運営しています。

ふむふむ、他県のco-baも気になってきました。

全国を飛び回るような仕事をされている方には非常に魅力的ではないでしょうか。

しかも全国チェーンのビジネスホテルのような画一性はなく、1つとして同じ拠点はないのですから、面白いですよね。

若草HUTTE & co-ba Miyazakiの開店は、「新しい働き方うんぬん」とか、色々とアカデミックなことをいうこともできるのでしょうが、とりあえず美味しい食事と素敵な空間があるので、それを楽しむだけでも十分なんじゃないかなーと思います。

オーナーさんとも直接お話をさせていただきましたが、自分たちが若い頃の若草通りの賑わいを取り戻そうとされている、「宮崎愛」の強い方で、非常に素敵でした。

店名に「若草」という単語を入れてくださっているのが憎いですよね。

ハジメテトピックスはこれからも、若草HUTTE & co-ba Miyazakiを全力で応援(しつつ、全力で利用)します!

スポンサードリンク




こちらの記事も読まれています

シェアする

フォローする



Translate »