宮崎市がさんあーる(ごみ分別アプリ)の配信を開始!使い方や機能をチェック!

シェアする

本日の人気記事

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ごみ

こんにちは!宮崎大好き、管理人です。

先日、宮崎の地方紙である宮崎日日新聞を読んでいて、気になる記事がありました。

2018年3月より、ごみ分別アプリである「さんあーる」が宮崎市でも利用できるようになったとのこと。

さんあーるとは一体どんなアプリなのでしょうか。。。

今回は、市民にルールを守ってごみ出しをしてもらうことを目的に配信が始まった「さんあーる」について紹介します!

スポンサードリンク





さんあーるについて

エコ

そもそも、アプリの名前となっている「さんあーる」とは何を意味しているのでしょうか。

それは、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つの英語の頭文字Rを表しています。

それぞれの意味についてご紹介します。

Reduce(リデュース)

 使用済みになったものが、なるべくごみとして廃棄されることが少なくなるように、物を製造・加工・販売することです。

例えば、紙コップを使わずにマイカップを使用するなど、使い捨ての物は使用しないように意識することも該当します。

その他、物や食品を無駄に捨てない、物を大切に使うといったことも含まれます。

Reuse(リユース)

使用済みになっても、その中からもう一度利用できるものを廃棄せずに再利用することを言います。

身近な例として、シャンプーや洗剤などを購入する際に詰め替え用を購入することなどがあります。

物を購入・廃棄する際に、再利用方法を考えることがこれに該当します。

Recycle(リサイクル)

再使用ができずに、または再使用された後に廃棄された物の中から再生資源として再生利用することをいいます。

紙パックを再生して、トイレットペーパーとして利用することなどがこれに当たります。

3Rの中では一番耳にする言葉だと思います。

さんあーるアプリの便利な機能

アプリ

3Rについては前述のとおりですが、次にさんあーるアプリの便利な機能をご紹介します。

モバイル端末からも確認可能

さんあーるはパソコン・スマートフォンから利用することが可能です。

「宮崎市 さんあーる」などで検索をすると宮崎市の特設ホームページが表示され、そこから確認することが可能です。

スマートフォンでは、Android版とiphone(iOS)版のどちらでもダウンロードすることで利用が可能です。

便利機能(ごみの出し方)

アプリの中でまず見ていただきたいのが、ごみの出し方を紹介しているページです。

燃える・燃えないゴミを含める全26項目に分かれている詳細ページにてごみの出し方を説明しています。

各ページ写真付きで紹介している為、分かりやすい説明となっています。

宮崎市に初めて住まわれる方はもちろん、これまで住まわれていた方も、改めて確認されることをおすすめします。

スポンサードリンク





便利機能(豆辞典)

「ごみを捨てたいけど捨て方が分からない」という疑問を持ったことはないでしょうか。

さんあーるアプリでは、捨てたい物の捨て方を調べることが可能です。

例えば、CD を捨てたいときには、アプリ内「ごみの出し方豆辞典」をクリック。

五十音の中から「し」を選択。

その後「CD」 をクリックすると燃やせるごみだということが分かります。

捨てたいごみの捨て方がピンポイントで分かるため、少しでも迷うことがあればぜひ確認の為に利用したいですね。

便利機能(カレンダー)

曜日ごとに出せるごみが決まっているゴミ出しですが、さんあーるアプリではカレンダーですぐに確認することができます。

設定次第では、ごみ出しの日にアラーム通知を届けることも可能です。

また、パソコンでご覧の方は、カレンダーを印刷することが可能です。

毎月分を印刷して目に留まるところに掲示しておくこともできます。

カレンダー機能をうまく活用することで、計画的なごみ出しが可能となり、捨て忘れることもすくなくなるかと思います。

すべての方におすすめ!

オススメ

全世界的に自然環境の破壊から温暖化や異常気象の拡大が叫ばれている昨今。

身近にできることを1人でも多くの人が意識して取り組むことが大事だと思います。

誰でもできることの1つがごみ捨てのルールを守ることであり、分からなくても調べることで解決できることもあります。

そんな時、今回ご紹介したさんあーるアプリの出番です。

宮崎市内で配信されているさんあーるアプリですが、どなたでも利用することが可能です。

市民の方はもちろん、仕事や旅行で宮崎市へ訪れた方もぜひアプリ内情報を参考にルールを守ってごみ出しをしてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク





こちらの記事も読まれています

シェアする

フォローする



Translate »